×

交通事故の被害に遭ってしまったら

交通事故の被害に遭ってしまったら、示談にするための示談交渉をしましょう。示談交渉によって損害賠償などを双方合意の上、取り決めて示談にするのを目指します。

示談交渉でのお悩みを解決します

後遺障害とは何ですか

交通事故によって、医学的に見て精神的もしくは肉体的に回復の見込めない障害を負った状況を後遺障害と言います。

後遺障害の申請に費用はかかりますか

印鑑証明書取付け費用、荷送料などの実費が必要となります。示談をする上で、これらの費用がかかることは頭に入れておきましょう。

物損事故として届け出をしたのですが後遺障害の申請はできますか

結論から言うと申請は可能です。しかし、後遺障害の申請をする可能性があるようでしたら、最初から人身事故として届け出しておきたいところです。人身事故として届け出しておいたほうが、示談交渉においてより高額の賠償請求ができる可能性が高いです。

後遺障害の申請から結果が出るまでどのくらいの日数がかかりますか

示談交渉の状況にもよりますが、おおよその目安としては、2ヶ月くらいです。場合によっては、3ヶ月くらいかかることもあります。

示談交渉は弁護士に依頼したほうが良いのですか

弁護士に依頼することによって、示談交渉が有利に進む可能性はあります。等級認定も受けやすくなります。

法的な威力と専門知識は大きな強みになる

男女

交通事故に遭ってしまうと治療のためにさまざまな負担を強いられます。治療費から仕事への影響、後遺症など金銭的な補償が必須です。しかし、その交渉は細かい基準があったり、専門用語ばかりで素人には複雑です。相手方の保険会社は営利企業ですので、できるだけ出費、つまり補償額を減らしたいと提示してきますし、示談金を低く抑えようとうまく話をまとめてこようとします。保険会社は交通事故の示談交渉を毎日のようにこなしているので、素人の被害者よりも知識もあり経験もあります。ですから、話し合いをして納得がいかない点を指摘しても、うまく抑えるだけの腕を持っています。ですから、被害者だけで満足いく、妥当な示談金にするのは難しいですし、治療や仕事復帰した中で時間も手間も取れないのが実情です。

裁判を起こせる弁護士に代行を依頼

交通事故

交通事故の示談交渉で法のプロである弁護士に代行してもらう手段があります。というのも、弁護士なら交通事故に関する法律にも長けていますし、相手方への指摘も法の根拠を示せるだけの知識があります。さらに、それに対応しない相手方であれば、裁判を起こして戦うだけの権限もスキルも持っています。裁判になれば弁護士側の主張、つまり被害者側の示談金の方が有利になるのはわかっていますので、相手方、つまり保険会社も金額をアップさせて、裁判は回避しようとします。そのため、弁護士費用を差し引いても個人で交渉するよりも、代行して交渉してもらって示談金アップした方が納得の金額に近くなります。

精神的な負担軽減にもおすすめ

交通事故

交通事故の示談交渉を弁護士に依頼するメリットは、金額面だけではありません。自分で行っている時には、交渉は全て自分から連絡したり、連絡が来たりで時間も手間も取られます。交渉する際には知識も必要なので、情報を集めたり勉強したりも必要です。これでは治療に専念できなかったり、仕事や生活にも負担が増えたりしてしまいます。しかし、弁護士に依頼すればすべて連絡は弁護士になり、自分は普段の生活に戻れます。もちろん、交通事故の事情を説明したり状況確認などの弁護士事務所との連絡は必要です。しかし、話したくない加害者側とのコンタクトが無くなるだけでも、気持ちの負担は楽になります。これも交渉の代行のメリットでしょう。

広告募集中